恋愛が続かないのはなぜ?終わらない恋をするための8つの方法

「恋愛が続かないんです。すぐに振られてしまいます…。」

こんな悩みを持つ”恋愛短命女子”のみなさんも多いのではないでしょうか?
かく言う筆者も、恋愛が続かないタイプでした。付き合ってから1ヵ月以内に振られることが連続で3人続いたこともあります。

その時は「次は3ヵ月続けばいいな…」と超消極的に思っていました。そして

「恋愛なんてどうせこんなもんだよね」
「恋愛は続くだけがすべてじゃないし」

本当は悲しくてたまらない気持ちを隠すように、強がっていた当時の自分…。
周囲からは「次は何日持つのかな」なんて目で見られていたでしょう。

そんな筆者も、出会いから半年で婚約してスピード結婚して、今や立派な既婚者です。

そこで元恋愛短命女子の筆者から、恋愛が続かない、振られると悩む女性のみなさんへ、恋愛を長続きさせるおすすめの対処法をご紹介したいと思います。

キューピット

この記事はこんな女性におすすめ

・付き合ってもすぐに振られる
・恋愛が長続きしない

と悩むアラサー女性。恋愛が続かない原因を探りながら、恋愛を長続きさせる対処法を紹介するよ♪

「終わらない恋愛をしたい」
「幸せな家庭を築きたい」
「彼氏と幸せになりたい」
このような願望をかなえるためには、不安な気持ちを相手にぶつけるのではなく、1人で抱え込まなずに、プロに相談することです。

誰にも言えない恋の悩み
プロに相談する/

24時間365日対応!

目次

恋愛が続かない原因は一つ

そもそも、恋愛が続かない原因はなんでしょうか?

結論から言えば、振られる原因は「重すぎる!」この一言に尽きます。

「恋愛が続かない…(涙)」と悩んでいる女性は、まずは「過去の恋愛は捨ててしまえ」精神を持ちましょう。

それを踏まえたうえで、恋愛が続かない原因を探っていき、同じことをしない、これが鉄則です!

類は友呼ぶのか、筆者の周りにも恋愛短命女子は数多く存在します。
自分の分析と共に、彼女たちの生態を探りながらその原因を探ってみると…

  • 立場が逆転する
  • 尽くし過ぎる
  • 相手に合わせ過ぎる
  • ヒステリックに怒る
  • 自分の思い通りにしようとする

この5つの原因が考えられます。一つ一つ詳しく解説します。

立場が逆転する

追いかけられて付き合ったはずが、追いかけている状況になったことはありませんか?

男性は狩猟本能を持つ生き物。追いかけて相手を落とした瞬間に、トーンダウンしています。

そんな中、追いかけて落としたはずの恋人が、自分にべったりして来たら…?

手に入った獲物を再度追いかけるなんてことはしませんよね。

尽くし過ぎる

立場が逆転する原因と似ていますが、尽くし過ぎることもNGだと肝に銘じておきましょう。
尽くし過ぎる、分かりやすく言えば「彼の部屋を掃除する」「料理を作ってあげる」「先回りして色々とやってあげる」等、“彼のために自分ができること”を全力でやってしまう行為のこと。これって…まるでお母さんみたいではありませんか?「お母さんっぽい」なんて思われたら、彼の心は冷めてしまいます。

女として見れなくなる、夜の生活もなくなる、なんてことに繋がります。

<関連記事>
【女性に知っておいて欲しいこと】 「尽くさないこと」が幸せの第一歩。男性は「安心した」だけ♡

相手に合わせ過ぎる

これは特に自己肯定感が低い女性に多いのですが、付き合ったとたんに「嫌われたくない」と思った経験はありませんか?

自分に自信がない分、自分の言動にも自信が出ず「こんなことを言ったら嫌われちゃうかも」「嫌だけど言えない」という発想は、危険信号

嫌われまいと、男性に合わせ過ぎてしまい、なんでも「いいね」「あなたが好きなモノでいいよ」という女性は「芯が無い」と思われてしまいます。
そして「つまらない」「思ってたのと違う」となり、振られる原因に繋がります。

折角好きな人と結ばれた恋愛にも関わらず、恋愛が続かない、すぐに振られるなんて悲しい体験とはおさらばしましょうね!

ヒステリックに怒る

生理前にイライラしてしまう経験のある女性は要注意!
ホルモンバランスが崩れてしまい、イライラしてしまう時期はありませんか?

そんな時に、恋人から言われた何気ない一言にかっちーん。

「なにそれ?」
「その言い方なに?」
「は?どういうこと?」

なーんて、喧嘩腰で突っかかってしまうのはNGです。
普段だと全く気にしないのに「今日は〇〇“で”いいよ」なんて言い方をされたら「でいいよ、ってなに?」ときつい目を向けてしまう。

もちろん筆者もその経験はあります…。

しかし、今はヒステリックに怒ることは一切しません。なぜなら、ヒステリックに怒ることは「相手にとって暴力だ」という認識をしているからです。

これは恋活が上手くいかなくて色んな恋愛本を読み漁っている時に見つけたのですが“急にヒステリックに怒られた相手は、深く傷つき心を閉ざしてしまう。まるでそれは暴力のようだ”このような言葉を見つけました。

この言葉が、あまりにショックだったため、それ以降はヒステリックに怒る(ぶつける)ことは絶対にしないと心に決めました。もちろん、そのおかげで上手くいっています。

自分の思い通りにしようとする

特にエネルギーがあり、バリキャリ女性に多いのが「自分の思い通りにしようとする」行動や考え方です。無意識な場合が多いのですが、「これが正解」「こうすべき」という意見を持っている女性は、仕事観を恋愛に持ち込みすぎです。

身に覚えがある女性は注意が必要です。

それは、残念ながら押しつけがましい行為です。あなたにとっての正解であって、相手にとっての正解ではありません。

相手には相手の立場や生活があることを理解した上で付き合えない女性は、恋愛を長続きできませんよ。

恋愛を長続きさせるための8つの対処法

恋愛が続かない原因の次に、恋愛を長続きさせる8つの対処法を紹介します。

  1. 放っておく
  2. イライラ時期は無理して会わない
  3. 言いたいことは2人の機嫌がいい時にサラッと伝える
  4. 自己肯定感を上げる
  5. 待つ姿勢を大切にする
  6. 恋愛に依存しない
  7. 好き好きアピールはほどほどに
  8. 付き合いたてこそ、距離を大切に

一つひとつ見ていきましょう。

放っておく

男性は、余裕のある女性に魅力を感じます。
男性がいなくても楽しそうにしている女性を「魅力的な女性」だと感じるのです。
そのため、いくら「好き好き!今何しているのか気になる!常に連絡を取りたい!」と思っていたとしても、一旦自分の気持ちはセーブすべきです。

男性は少し放っておくくらいがちょうどいいと考えて、冷静になってみましょう。

イライラ時期は無理して会わない

女性は生理があるため、どうしてもイライラしてしまうことはありますよね。そんなときは

・ホルモンバランスが崩れている
・意味もなく怒りたくなる

ことを最初に恋人には伝えておき、

・イライラ時期だと自分で理解しておく
・ストレスをためない

と心がけて生活するようにしましょう。
そして、一番大切なことは“無理に会わない”と決めておくことです。
イライラしている時に恋人と会っても、互いにとって良いことはありません。

ホルモンバランスが崩れている時は、自分に集中する時期。
会う約束があったら断るくらいで良いと思いますよ。

この時期は会わないと決めておくと、気持ちが楽になりますよ。

言いたいことは2人の機嫌がいい時にサラッと伝える

言いたいことや伝えたいことがある時は、2人の関係が良い時にサラッと伝えることです。心がけるだけで、相手にも意図が伝わりやすくなります。

男性は怒られると一気に心を閉ざしてしまうため、こっちが伝えたいことでも「聞きたくない」と拗ねてしまうんです。
なので必ず、2人の機嫌がいい時に「〇〇してほしいな」と伝えるだけで「そうなんだね、分かった!」と受け取ってもらえやすくなりますよ。

自己肯定感を上げる

恋愛が続かない原因に「尽くし過ぎる」「顔色を見過ぎる」というのがあります。
なぜそんなことをしてしまうかというと、自己肯定感が低いからです。

尽くすことで、相手にもっと好きになってもらいたいという気持ちは分かります。

しかし、関係性の主導権や自分の存在意義を相手にゆだねるのと同じことです。

自分の人生は、自分が主導権を握らなければ幸せは遠のいてしまいます。

そして「自分を罵倒してくる」「けなしてくる」「否定してくる」人は、論外であると心に決めてください。

そんな人は、こちらから縁を切るくらいで良いんです。
しがみつく必要はありません。

そして「自分の機嫌は自分で取ること」が、恋人と長続きする重要なポイントです。

相手を変えることはできませんが、自分をかえることはできます。
機嫌が良い人と一緒にいる恋愛は、心地が良いものです。

まずは自分を大切にすることで、恋愛も長続きしていきますよ。

<関連記事>
【本から学ぶ恋愛コミュニケーション】『嫌われる勇気』で心理学から”恋愛コミュニケーション”を読み解く

待つ姿勢を大切にする

恋愛が続かない人の性格の特徴は“せっかち”です。

恋愛が始まったのと同時に「次はどうするの?」と迫ってこられたら、相手は戸惑いますよね?

もちろん、2人とも盛り上がっている時であればいいのですが、互いの温度感が違う場合は「え?付き合ったばっかりだよね?早くない?」と男性も戸惑ってしまいます。

特にアラサー女性の場合は、結婚を焦るがあまり、付き合ってすぐに「親への挨拶はいつする?」「いつ一緒に住む?」と畳みかけていませんか?
まずは互いの温度感を確認しながら、「待つ姿勢」を徹底させて、相手の温度感や人間性をしっかりと見極めることが大切です。

恋愛に依存しない

恋愛短命女子の多くは、恋愛依存症になりがちです。
恋人が今どこで何をしているのかを常に把握したい、ずっと一緒に居たい、何よりも恋愛が優先になってしまう。

恋愛中にこうなりがちな女性は、恋愛依存症に陥っていると自覚しましょう。

依存症になってしまうと、男性は“重い女”と思ってしまいますよ。実際に、これが原因で恋愛が「続かない、振られる」という人は多いです。

重い女は男性にとって負担になってしまいます。

恋愛に依存せず、自分の人生を楽しめる女性を目指しましょう!

好き好きアピールはほどほどに

付き合う前と後で、態度が変わっていませんか?

付き合う前はそんなそぶりが無かったのに、急に「好き好き好き!」と言い出し…男性は「え?」と戸惑うはずです。

両想いになって嬉しくて甘えたくなる気持ちは分かりますが、態度が180度変わってしまったら、男性も戸惑います。そして男性は狩猟本能を持つ生き物です。好き好きアピールをすることで“手に入った感”を出してしまったら、その女性に対して一気に飽きてしまいます。

なので好き好きアピールをしたくても、はじめのうちは我慢して、男性の方に好き好きアピールをさせてあげましょう!

付き合いたてでも、狩猟本能を刺激してあげることでよりあなたにハマるはず。「私のこと、本当好きだね」と余裕のある女性に、男性もさらに夢中になることでしょう。

付き合いたてこそ、距離感を大切に

恋愛が続かない、振られる経験のある女性は、付き合った直後は、付き合う前の態度を継続するように意識しましょう。

大切なのは距離感です。恋愛は最強のコミュニケーション。最初から一気に距離を縮めることはできません。まずは互いの距離感を縮められるようなコミュニケーションを意識しつつ、焦らないことが大切です。

<関連記事>
【自己肯定感の上げ方】恋愛が長く続かないあなたへ。~フラれる特徴とその理由を徹底解剖~

「終わらない恋愛をしたい」
「幸せな家庭を築きたい」
「彼氏と幸せになりたい」
このような願望をかなえるためには、不安な気持ちを相手にぶつけるのではなく、1人で抱え込まなずに、プロに相談することです。

誰にも言えない恋の悩み
プロに相談する/

24時間365日対応!

恋愛が続かない時は、焦らずに自分に向き合うとき

恋愛が続かない、すぐに振られるときは、自分と向き合う時期と考えましょう。恋人がいなくても幸せな女性はたくさんいます。

焦ることで、本来の自分を見失うことこそ、恋愛が続かない要因です。本来の自分と向き合うことで、素敵な出会いのチャンスが訪れます。

過去は過去と割り切って、素敵な出会いを引き寄せていきましょうね!

セキララボ編集部
離婚・別居・死別など、さまざまな経験を積んだ複数のWebライターが運営しているWebメディアです。
”赤裸々(せきらら)”な恋愛話を発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次